指圧マッサージ サムライ タイトル

 

トップページ

店舗紹介

業務内容

経営理念

施術コース

営業時間

今月の定休日

リアルタイム予約状況

施術者紹介

施術風景

当店までの道順

当店へのQ&A

お問い合わせ

更新履歴

施術論

同業者の方用ページ

どうでもいい話

パンフレット博物館

リンク

町田マップ

HP宣伝コーナー

 

 

リラクゼーション目的の施術には、保険証は使えません!

 

 以前から当店では、「リラクゼーション目的での健康保険による施術は、不正請求になります」ということをお伝えしてきましたが、近頃手入れが全国的に厳しくなってまいりました。知らずにご利用されている方に対して、保険組合から実際の施術利用状況の調査が行ったり、さらには不正利用分の保険料返還通知が行くなどのトラブルも発生しているようなので、今回ページを割いて注意を呼びかけました。

 トップページでは、「マッサージ治療院・整骨院・整体院での・・・」という記載をしていますが、ほとんどが整骨院(すべての整骨院というわけではありませんが、全体の約7割が該当するようです)によるものです。

 改めて申し上げますと、マッサージ・指圧・整体などの施術で健康保険が使えるのは、以下のような時だけです。

マッサージ治療院(または指圧治療院・按摩治療院など)
健康保険が使えるのは、脳梗塞の後遺症などによる「麻痺」「拘縮(強ばり)」のときだけで、しかも医師の同意書が必要になります。
 
整骨院(または接骨院)
健康保険が使えるのは、急性またはやや急性に近い「捻挫」「打撲」「挫傷」「骨折」「脱臼」の時だけで、「骨折」「脱臼」の時は医師の同意書が必要になります。
 
整体院(カイロプラクティックや均衡院など、民間資格の所)
健康保険を利用することは出来ず、全額自己負担となります。

 以上に該当しない場合は、保険証を持っていって保険適用にすることはできません。ましてや、単なる「肩こり」「腰痛」などリラクゼーション目的の場合は、常識から見て本来保険適用にはなりません。

 皆さんがもし、整骨院などへ行って「肩こりなどで保険が使えますよ」と言われて保険治療として施術をしてしまっても、一般の方には状況が全く分からないのですから、本来は悪くはないはずです。

 しかし近頃、患者の方に対して保険組合から、次のような通知が行き初めているようです。

実際に整骨院などで施術を受けたのかの確認
これは、例えば「実際には1回しか施術をしていないのに、保険組合には10回施術をしたということで保険請求がされた」というような、いわゆる「水増し請求」が起こっているためです。もし皆さんのお手元にこのような確認通知が届いた場合、正確な利用回数などを記載して、速やかに該当の保険組合に送り返してください。間違っても「ご利用された整骨院などへお問い合わせしないように」お願いします。大抵は水増しの事実を握りつぶされて、後で患者自身が詐欺などで訴えられることもあり得ます。
リラクゼーション目的などで保険適用した分の保険料返還通知
保険証を用いる場合、手続きは相手方がおこないますが、実際に保険を使っているのは患者自身です。そのため、保険組合側が「リラクゼーション目的で保険請求した」と判断した場合、不正利用分の請求は整骨院などではなく患者本人に行ってしまいます。ここまで来てしまうと、裁判で該当の整骨院などを訴えるしかなくなります。

 何も知らない患者を騙して、患者を悪者に仕立てて自分たちがちゃっかり儲ける悪質な輩は後を絶ちません。以上のようなことで「被害者」にならないためにも、「リラクゼーションでは健康保険は使えない」ということを、充分認識していただきたいと思います。

 

川崎市国保組合から「柔道整復・はりきゅう・マッサージを受ける際の留意点」のお知らせです

整骨院の閉院は増えている?